光回線の開発は日常生活にどうような影響を与えた?

光回線が開発され、普及が進み、個人レベルでも簡単に利用できるようになったことで、人々の日常生活に大きな影響がもたらされました。
それまではブロードバンドでは、電話回線を利用したADSLが主流でしたが、現在は光回線を利用するのが普通になっています。
光回線はデータの伝送速度が速く、短時間で膨大なデータを送信できます。
テキストが多いウェブページの表示では、ADSLとの差はさほど感じないこともあるでしょうが、画像の多いウェブページの表示や動画視聴の場合などは、その差は歴然です。

光ファイバーを使う光回線はデータの伝送速度が速く、動画の表示がスムーズにおこなえます。
そのことで、テレビやDVDおよびブルーレイプレーヤーなどを使用した動画視聴以外でも、人々は動画を楽しめるようになりました。
インターネットの動画のほうがコンテンツが膨大で、好きな時間に楽しめるため、インターネットの動画視聴のほうが、むしろ主流になりつつあります。
これにより、人々の好みの多様化が進みました。

以前は、動画の提供元はプロに限られていました。
しかし、現在は誰でも動画を発信できます。
光回線を使えば、誰でもそれらの動画をスムーズに再生できます。

光回線がごく限られたユーザーしか使えない貴重なものであったなら、日常生活への影響はあまりなかったでしょうが、普及が進んだことで、多くの人々の生活に影響をもたらすことになりました。
光回線工事は、戸建て住宅の場合は少々手間がかかりますが、今や集合住宅の多くに光ファイバーが敷設されていて、住民が手軽に利用できるようになっています。

光回線の利用料が下がってきたことも、普及を促進しました。
以前はNTTの提供するフレッツ光しか利用できない地域が多かったですが、光コラボというシステムができたことで、プロバイダをNTT以外にすることが可能になりました。
光回線業者はNTTやKDDIなど、大きな資本を持つところに限られてしまいますが、プロバイダなら多くの業者が参入できます。
光コラボのプロバイダには多くの業者が参入しており、競争が進み、価格低下が促進されつつあります。
安価に光回線を利用できる環境が整いつつあるということです。
光コラボにはauひかりやドコモ光などがありますが、これらも業者によって利用できるエリアが制限されていることがあります。
光コラボの利用を検討されている方は、事前にauひかりやドコモ光と契約できるエリアを調べておきましょう。

光回線をほとんどの人が使うようになり、インターネットで動画を観るのが当たり前になりました。
利便性が向上するのと同時に人々の趣味がますます多様化し、多様な価値観が形成されていくことになるでしょう。

関連ページ